2017年03月21日

桜餅・いちご大福作りと箸置で文様を学ぶ和食卓育

弥生三月2回目の和食卓育は、箸置を使っての日本の季節を表す文様のお勉強。
文様は作る人、使う人の認識を一致させるために、描き方に決まりがあることが多いので、それを知っていると、和食器・着物・風呂敷・手ぬぐいを使うのが楽しくなるのです。

2017/03/19食卓育桜餅コラージュ.jpg

そして春の和菓子作り。
クラスによって、いちご大福・桜餅と違う和菓子に挑戦!
春らしくみんなに好かれるこの和菓子。
実はお家で簡単に作れるんですよ!

次は4月、春の旬から新学期が始まります。
この和食卓育は5月からリニューアルし、子どもクラスは日曜日に、大人クラスは一般社団法人日本和食卓文化協会の本講座と変わります。

詳細は協会ホームページへ↓
https://www.nihonwasyokutakubunka.com

『料理のある風景』
一般社団法人日本和食卓文化協会
フードスタイリスト槻谷順子
posted by tsukitani at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック