2016年11月29日

関東の11月の風物詩・酉の市

東京・北関東の霜月11月の酉の日に行われる酉の市。
商売繁盛の縁起物・熊手を売る市です。
華やで活気があるのが好きで、日程が合えば目黒の大鳥神社へ。
今年は11月11日が一の酉、23日が二の酉。
この酉の市ならでは、の縁起物のお菓子・切り山椒と熊手を買って帰ります♪

2016/11/23酉の市コラージュ.jpg 2016/11/2酉の市切り山椒コラージュ.jpg
posted by tsukitani at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

晩秋の風物詩・干し柿を作る、大人と子供の和食卓育

11月2回目の、
『未来のママのための食卓文化の食卓育教室』
『おとなのための和の食卓文化教室』は、
干し柿作りと、和食器入門編。

2016/11/23食卓育干し柿コラージュ.jpg

まずは和食器の誕生〜どう日本で広まっていったか、
なぜ日本独自の食器の使い方になっていったか、の話と、
お膳上の食器の並べ方と食器の名前のお勉強を。

そして、左手にゴム手袋をして、古老柿の皮むきから。
皮の硬い柿は、ピーラーでもなかなかむきにくく、ちょっと苦戦。
でも、子供の手にも合う小さな古老柿なので、慣れれば上手に。
さっと熱湯にくぐらせて、紐に引っ掛け軒下へ。

干した直後の初雪にはビックリ!でしたが、
いい感じの干し柿に育っています。
小さいから早く食べれるかな?楽しみ。

さて次回は師走。
もちろん、おせち料理とお正月の和食卓育です!
posted by tsukitani at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

師走のフードスタイリング教室は、おせち盛り付けレッスン&ハレの日の和食器

初級・上級ともに、12月のフードスタイリング教室は『おせち料理』

初級は、おせち盛り付け初心者向けの、小鉢小皿に単品盛り付けショートレッスン。
上級は、日本料理の盛り付けの中で、一番難しいと言われるお重盛り付けと、盛り合わせ皿盛りロングレッスン。

食卓文化講義は、
・和の盛り付けの決まりごとの基本
・おせち料理に込められた意味
・あしらいの植物の話
・ハレの日の和食器の選び方・使いこなし方、等

来年のお正月、おせちを美しく盛り付けてみませんか?

■日程
●初級編 
12月11日(日) 10:30−12:00↓
http://osechi-281211.peatix.com

12月12日(月) 10:30−12:00↓
http://osechi-281212-am.peatix.com

12月12日(月) 19:30−21:00↓
http://osechi-281212-pm.peatix.com

2016/11/13おせち単品コラージュ.jpg

●上級編
12月25日(日) 13:30−17:00↓
http://osechi-281225.peatix.com

12月29日(木) 13:30−17:00↓
http://osechi-281229.peatix.com

2016/11/13おせちお重コラージュ.jpg

フードスタイリング教室『料理のある風景』
ホームページ↓
http://www.foodstyling2008.com

主宰 フードスタイリスト 槻谷順子
日本食卓文化協会
posted by tsukitani at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

師走の『フードスタイリング初級レッスン』は、おせち単品盛り付け♪〔東京世田谷〕

おせち料理盛り付け初心者向きレッスン。
おせちを小鉢小皿に、単品づつ美しく盛り付けレッスン&盛り付け決まり事・植物のあしらい方・ハレの日にふさわしい和食器の選び方使いこなし方レッスン。
料理は、黒豆・田作り・伊達巻・飾りかまぼこ・菊花かぶなど五種予定。一時間半のショートコース。

2016/11/13おせち単品コラージュ.jpg

■このおせち初級クラスは全3クラス↓
12月11日(日) 10:30−12:00
12月12日(月) 10:30−12:00
12月12日(月) 19:30−21:00

クラス詳細は↓ 料理のある風景ホームページ
http://www.foodstyling2008.com/blank-6

『料理のある風景』日本食卓文化協会
フードスタイリスト 槻谷順子
posted by tsukitani at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

『おとなのための和の食卓文化教室』師走はお正月の食卓育♪

『おとなのための和の食卓文化教室』12月1回目のご案内〔東京・世田谷〕

『東西のお雑煮作りと、
おせちに込められた思い、ハレの和食器のお話』

2016/11/14お雑煮おせち単品コラージュ.jpg

●12月3日(土)午後3時〜5時
●12月4日(日)午前10時〜12時
●12月5日(月)午前10時〜12時

師走。そろそろお正月。
1回目は、おせち料理の込められた、たくさんの願い事・思い、と
ハレの和食器のお話。
そして東と西の二種類のお雑煮作り。
日本伝統の食卓文化に触れて、一足早くお正月気分を味わいましょう♪

詳細はこちら↓ 料理のある風景ホームページ
http://www.foodstyling2008.com/about2-cggm

『料理のある風景』日本食卓文化協会
フードスタイリスト 槻谷順子


posted by tsukitani at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

干し柿用の古老柿が届きました♪

明日からの
『未来のママのための食卓文化の食卓育教室』
『おとなのための和の食卓文化教室』
で作る干し柿用の渋柿が、今日京都から到着!

2016/11/17古老柿.JPG

毎年は寒くなる11月末から12月初めに干すため、
その時期に出回る四国の大きい柿で干し柿を作っていましたが、
この柿、とっても大きくて立派・・・なのは本来はありがたいのですが、
子供の小さな手には大きすぎて、皮をむくのに一苦労!
3個もむくと、子供たちはお疲れモードに・・・

なので今年は時期を早め、小さめの渋柿を探し、
京都の古老柿に出会いました〜

キロと数を問い合わせして、大体の大きさを想像してのネット注文。
かなり冒険ではありましたが、想像通りの可愛い柿に大満足♪

これならひとり8個くらいはむいてくれるかな?
出来上がりも子供が食べきるのにちょうど良い大きさになりそう。
一ヶ月後がとっても楽しみです。
posted by tsukitani at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

新豆味比べと塩豆大福作り・子供と大人の食卓育

11月2回目の、
『未来のママのための食卓文化の食卓育教室』
『おとなのための和の食卓文化教室』は、
今が旬!新豆味比べと塩豆大福作り。

2016/11月食卓育@豆コラージュ.jpg

初夏が旬の青いお豆と、秋が旬の乾物のお豆。
これ、実は同じもので、青いまま食べるか?完熟させてから食べるか?
なんだけど、
見た目の違いで、『ベツモノ』に見えるからみんなビックリ。

しかも、乾物状態と、戻して茹でた状態では、
大きさはもちろんですが、形も違うものもあり、
両方比べてみて、またビックリ。

甘い・皮が固い・味があまりない・えぐい・・・
など、味比べの感想を食べて記入します。

そして、赤エンドウ豆を使っての塩豆大福作り。
しょっぱいお餅に、しょっぱく少し歯ごたえのある赤エンドウ豆。
そして甘いこしあんの3つのバランスが美味しさの秘訣。

次回は、晩秋の風物詩・干し柿を作ります♪
posted by tsukitani at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習のご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

恒例♪10/31ハロウインピニャータ割パーティ

メキシコ発祥のピニャータは、お菓子入りのくす玉。
誕生日・結婚式・クリスマスなどお祝い事の時に、
みんなで叩き割り、悪を追い幸運を呼び込む伝統行事。
今ではハロウインの恒例となっています。

2016/10/31ピニャータパーティコラージュ.jpg

アメリカで、このピニャータはスーパーなどで普通に買えるようですが、
日本では外国人が多く住む都心の高級スーパーでしか買えない。

で、手作り始めて早5年。
上手に美しく作るコツもわかり、私の作るピニャータは割れにくい!

というわけで、今年のピニャータ。
子供たちが作ったものは比較的早く割れたのですが、
私のは、割れない・・・割れない・・・大苦戦!
特に5年女子チームのは、かなり時間かかってしまいました!
ごめんなさい。筋肉痛になってないかなあ・・・

来年はすぐ割れるのと、二種類つくろーっと。
posted by tsukitani at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする